(池袋第1小学校とソフィア138学校)作品交流

 2014年10月に、東京都豊島区立池袋第1小学校からブルガリアソフィア138総合学校へ、最初の作品が贈られ、私たちソフィアファミリーは、ブルガリアまで届ける役割を担いました。
 そして、帰りには、ソフィア138総合学校から贈られたたくさんの絵画など作品を預かり、池袋第1小学校に届けました。

 その時の様子は、以下からページを表示してご覧ください。
 (ホームページの「表紙」→「(入口)」→目次「ソフィアファミリーの交流」→「138学校交流」を表示して、下段の「ソフィア138総合学校訪問と交流のページ」にて表示できます)

 さて、今回、3回目となる東京都豊島区立池袋第1小学校からブルガリアソフィア138総合学校への作品が、2017年12月に贈られました。
 作品の受取役として、ブルガリアの紹介授業でソフィアファミリーに協力してもらっている留学生ミロスラフ君が、池袋第1小学校に同行して受け取ってきました。

 


先生から作品を受け取るミロ君

 これらについては、翌年1月に138学校へ空輸いたしました。
 贈った作品については、このページでご覧ください。

池袋第1小学校からの贈呈作品

 そして、これらに対しての、138学校からのお返しともいうべき作成された作品が、2018年5月に贈られてきました。
 心のこもった絵画や折り紙など、たくさん送ってくれました。
 贈られた作品については、下記ページでご覧ください。

ソフィア138学校からの贈呈作品


 いかがでしょうか?
 日本とブルガリアの子供たちの感性の違いが見えましたか?
 興味深く感じられたのでは?


表紙へ戻る